ドッジボールのつぶやき

次男坊が所属する競技ドッジボールチームのスタッフとして子どもたちと一緒に悩み、一緒に喜んでいます。 日々の練習・試合で感じたこと、思ったことを備忘録として残していきます。

2019年06月

今週は、日曜日から昨日の木曜日まで仕事で出張(´;ω;`)
気付けばもう金曜日。
今週は一度も練習を見れなかった。。。

明日は山梨県で開催される「北麓カップ」に参加させて頂きます。
昨年度は、5年生チームだった苦しい1年間を過ごし、2年目チームの強みを活かしてチームとしても初優勝を飾った記憶に残る大会。
優勝カップ返還という大役を担っての出陣です。

また、7月7日の夏の決戦前の最終戦。
ここ最近の自チームの試合内容や対戦相手となる他チームの成長度合いから考えると、厳しい1日になることが予想されます。
そのためにも、明日の1日の大会を通じて、子どもたちには1つでもいいから自信と闘う気持ちを整えて欲しいな。

そのための作戦は??
これを考える時間が楽しい
テーマは「最初からクライマックス!」
頑張ろう!

7月7日(日)は埼玉県の全国予選大会。
もう1週間ちょっとであるが、仕事が出張続きで今週は練習に1日も参加できず。
週末の日曜日も地域の育成会(こども会)のドッジボール大会の練習日・大会のため、チームの練習はできないという過酷な状況。。。。

昨日は夜遅くに出張から帰り、今朝、起きた次男に「昨日(月曜日)の練習どうだった?」と聞くと、
「うーーーん。。。ダラダラかな?」
昨日は監督もコーチ陣も皆仕事で練習に参加できず。。。。

午前中に監督からスタッフラインに連絡が。
どうやら昨日の練習が監督も気になっていたようで、お当番の保護者の方に確認したところ
「みんな、声も出して集中して練習していました!」とのこと。
さぞや監督も安心といったところでしょうか?(笑)。

それでも今週末の土曜日に山梨県で開催される「北麓カップ」に参加させて頂くことは、貴重な試合。
前年度優勝チームとして「優勝カップの返還」という大役を担っている。
順位はともかくとして、前年度優勝チームとして恥ずかしくない試合内容にしよう。



昨日水曜日は定例練習日。
19:30過ぎに体育館到着。

子どもたちはミニフォーメーションでのキャッチ練習中。
①色々な方向にしっかりアタックを打つ。(真ん中ばかりに投げない)
②ターンをした後、素早くバックしアタッカーが投球フォームの間にしっかりしゃがんで構える。
先日の日曜日の交流戦で約束事としてできなかったこと。

全員を集める。
「この間の交流戦での約束は?」
「・・・・・・・・」
「できたのか?できなかったのか?」
「・・・・・・・・」

「何をすべきなのかの指示を聞かない。
 できなかったことをできるようにしようと意識して練習しない。
 そんな選手やチームが勝てるのか?
 新人戦以降、何勝した?
 負けた数を数えるより勝った数を数える方が早いよね?」

ドッジボールを好きなことに間違いない。
しかし、ドッジボールをしているだけで満足して欲しくないな。
一生懸命努力して、考えて、やり抜く。そんなドッジボールの先にあるものを見て欲しいな。

この週末の日曜日は県協会の審判認定講習会を兼ねた交流会に参加させて頂きました。
主催チームの皆さん、対戦して頂きましたチームの皆さん、有難うございました。
私は、ここ最近たてこんでいる仕事のため、午後3時には途中退出させて頂き、そのまま山口県・宮崎県への巡業の旅へ。。。。ようやく昨日帰宅できました。(/TДT)/

さて、すっかり仕事モードで、肝心の交流会を振り返ってみても。。。
夏の全国予選前の大切な時期。ライバルチームたちは着実に7日に照準を合わせて仕上げに来ている様子が大会の結果等やらからもうかがえます。

ポテンシャルはあるものの、「ああしなければ」、「こうしなければ」と色々考え過ぎてしまい本来の力が出しきれてないのかも?ということで、監督もいないため珍しく朝から「決して怒らないモード」。

「勝ち負けはとりあえず置いておこう。今日はどこまでできるのか?何ができないのか?をはっきりさせよう!」
そのための約束事を2つ。
①攻撃:時間を考えながら攻める。
②守備:しっかり腰を落として低く構える。
この2つだけ。あと2週間で本番だけど、まぁ、この2つは絶対に欠かせないものだからできるのか?できないのか?

1巡目。なんとなく勝ち、決定的に負ける。
2巡目。やっぱりなんとなく勝ち、決定的に負ける。
で、約束事はできたのか?
『できなかった』でいいのかな?
『やらなかった』ではないのかな?

試合後の反省会でも全く約束事についての指摘をしないキャプテン・副キャプテン。
途中でもう1回確認した際には「はい」と返事だけ。
欲しいのは返事ではない。コートで挑戦する姿を見たいだけ。

やってできないことは、考えて克服することができる。
でもやらないことは、スタートラインにすら立てない。

ドッジボール以前の問題か。。。

今年のチームは6年生が7人。
県内のチームを見渡せば、決して少なくないどころか、むしろ恵まれている方だと思う。
しかしながら、我がチームは4年生以下はジュニアチームが原則であるため、7人のうち6人は5年生になって初めてオフィシャルチームになった選手。
まぁ、それでも2年目なわけですが。。。。

それで5年生も7人。
これまた今年に入り初めてオフィシャル体感中!!のような選手たち。

十分な経験もドッジボールの知識も持たない状況で闘わなければならない。
その一戦一戦の勝利と敗北を糧に成長・進化していかなければならない。

そのためにも、今、何をすべきか?

勝敗という結果も大事である。
しかし、それ以上に「自分を出しきる」ことが大切な時期だと思う。
勝敗という結果に一喜一憂するのでなく、その試合が終わったとき
「よっしゃー。○○できた!」とか
「ちくしょー。○○もう少しだった!次の試合は××してみよう!」
と、選手一人一人が自己の目標に対して全力で立ち向かうことが「自分を出しきる」ことと思う。
自分を出しきることで、現在の自分の立ち位置を理解し、前に進むための次の目標を設定できる。
より高い目標に向って。

14人に差があってもいい。
でも14人が全員出しきって進んで行けば道は開けるはず。

今週末は交流戦。
結果は別に満足して帰りの車に乗れるのか?

昨日の月曜日は定例練習。
19:30過ぎに体育館に到着。

昨日の惨敗をどうつなげていくのか??
などと考えながら体育館に入ると気合の入った声が。

この春卒団した中1OB2人が来てくれていた

特に昨日、初めて本当の試合を経験した新入団員の5年生2人は、アタッカーだったOB2人の速球を何とか捉えようとする気持ちが溢れている。
6年生もそれに負けじと声を出す。

やっぱりOBが来てくれるのはありがたい。
中間テストの結果という現実から逃避するために来たのだろうが(笑)。

いよいよ6月に入り、卒団まで10ヶ月。
1ヶ月に4週×3回の練習として、約120回。
大会や交流戦等を考えれば、6年生は練習できるのはあと100回程度。
5年生も6年生になるための準備期間はあと100回程度。

力の差があることは昨日の試合で良く分かった。
でも、まだ100回伸びるチャンスはある。
伸びるのか、伸びないのかはみんなの気持ち1つだ。


昨日、9日(日)は千葉県のチームさん主催の交流戦に参加させて頂きました。
茨城県・神奈川県・東京都からも3チームが参加し、普段、試合する機会が少ないチームとの貴重な経験をさせて頂きました。
主催チームの皆さん、対戦して頂きましたチームの皆さん、ありがとうございました。

試合の内容といえば。。。。
予想していたこととは言え、全くもって。。。。
各県全国大会予選まで1ヶ月くらいという貴重な交流戦の場で、相手チームの監督さん、選手のみんなに申し訳なくなるような内容。。。。

新人戦3位という結果に胡坐をかくとこういうことになるんだ、ということを骨の髄まで叩き込まれました。

チームの最終目標は変えないとして、そこに至るまでの過程における各段階の目標をもう少し具体的にすべきと感じた1日でした。
課題となっていた攻撃陣も、攻撃のセオリーを「できない」のではなく「分かっていない」ことがはっきりしました。
生命線と考えていたディフェンスも、70キロを超える速球のパス連携の前には全く歯が立たないほどお粗末なターンであることがはっきりしました。

そんな中、新入団の5年生2人、4年生からはじめ今年初めてのオフィシャルデビューの5年生の3人が最後まで速球に臆することなく立ち向かって行く姿が見られたことは収穫の1つ。

まだ炎は消えていない。

すこし目標設定を軌道修正して、7月7日までの1戦1戦で「成長する喜び」を感じさせてあげたい。

ここ最近、仕事が忙しく今週も練習を見に行けず。
そのため、毎日書き綴っていたこのブログも。。。。。

それ以上になんだか燃えて来ない。
今週末の日曜日は千葉県のチーム主催の交流戦に参加。
一昨年・昨年は、週末の交流戦・大会が楽しみでしかたなかった。
「どこまでできるのか?」
「なんとか勝って欲しい!」

それが今年に入ってなんだかな。。。忙しいせいなのか?

決して弱いとは思っていない。
それなりのドッジボールはできるチームと思っている。
「それなり」の。。。。

「負けること」に怯えたようなプレーが多いんだよな。
絶対に当ててやるという目つき。
絶対に取ってやるという構え。

「慎重」と「堅実」は違うと思う。
まだまだ夏は始まったばかり。
今はもっともっと闘争心をむき出しにがむしゃらに闘う姿を見せて欲しいな。

月曜日は定例練習日でした。
いつものように19:30過ぎに体育館に到着。
前日の日曜日の練習で監督にえらく怒られたせいか、珍しく声が出ている(笑)。

基本練習が終わり、オフィシャルチームはターンのステップ強化練習。
「弱点を克服する」ことも強いチーム作りには必要なことですが、「良い点を伸ばす」ことも強いチーム作りの近道であると個人的には思っています。

今年のチームはキャッチについては昨年度と比較すると、現段階では俄然いい。
しかし、あくまでも「現段階」の話。
この先、各チームの攻撃陣が成長し、ボールスピードはどんどん速くなってくる。
そのときに必要になるのがターンのステップ。

これまで見てきた強豪チームというのは、やはりディフェンスが固い。
その大きな要因はしっかりしたステップでのターン。

早くも全国予選1ヶ月前になりましたが、1つ1つ丁寧に階段を登って行こう。

先週は出張つづきのため、練習には参加できず。
コーチに就任して1週間ドッジボールから離れたのは初めてかも。

1日(土)は群馬県の協会会長杯に参加させて頂きました。
対戦して頂きましたチームの皆さん、開催運営を担っていただきました大会関係者の皆さんありがとうございました。

土曜日は小学校のこども会(育成会)のドッジボール大会が近日開催されるため、その練習日になっており監督を仰せつかっている私は遅れて会場入り。
予選4試合のうち、3試合経過しており1勝1敗1分。。。。。
最後の試合を何としてでも勝って3位通過を確定させたい。
朝からベンチに入っていた監督から「うーーん。良いところもあるけどね。何かね。元気が全然ない。」
予選最終戦。エース候補の一人のTが肩痛のため投げることができず、サブアタッカーの5年生使っての戦陣。
攻撃もリズム良く決まり、序盤はしっかり守ってリードを広げる。
だけど、確かに盛り上がらない。。。。????
そんなムードのためか終盤になり、確実に削られていく。
一時は5点差に広げたリードも終わってみれば2点差の辛勝。。。。

迎えた決勝トーナメント。事件が勃発する。
監督がエース候補のTに投げれそうか確認。本人がムリと申告。
すると6年生のHが「えーっ!じゃダメダメじゃん。。。」
今日は怒ることなく過ごそうと決めて(笑)挑んだけど、この一言はムリ(゚皿゚メ)

「H、今なんて言った。じゃ、お前が投げるのか?いいぞそれでも。責任もって削るんなら。
 あ?何がダメなんだよ。あ?」(完全にヤクザ口調(笑))
Hは完全にフリーズ状態。状況を把握してない選手、監督も一同ポカーん。。(笑)
「てめぇ、絶対に当たるなよ。」それだけ言い残してベンチに入る。

初戦。序盤は緊張からかリードを奪われるもディフェンスでしのぎ、外野に行った5年生サブアタッカーの帰還で逆点。なんとか1回戦を突破。
続く2回戦。ベンチのオニコーチはまだヤクザ状態(笑)。
さっきの段階で「コイツラには何もしてやらない」と決めていた。

展開は1回戦と同じ。序盤削られるもディフェンスで粘り、サブアタッカーの5年生が逆点のアタックを決める。残り1分30秒で相手ボール。
この攻撃を止めるか止めないかが分かれ道。(と勝手に思う)
3秒もかからず相手アタッカーに当てられたH。同点。。。。
その後ボールを奪い、アタッカー陣が懸命に逆点の機会を狙う。
カウントを落とすためきわどいコースを狙った6年生アタッカー。カウントは落ちない。これでカウント3。
外野のキャプテンは落ちたものと思ったのかアタックパスをサブアタッカーの5年生にパス。
投げる前に「カウント3!」何もしないと決めていたけど叫んでいた。けど、届かなかった。
5年生アタッカーは主審の逆サイド。案の定、キャプテンの外野へ渾身のパス。。。5パス。
幸いVポイントゲームに持ち込むものの、あっけなくサイドからやられてお終い。

反省会。
内容的にはディフェンスは頑張ったと思う。攻撃陣も少しずつ改善の兆しがみえる。
でもね。
エースが投げれない。確かに勝負としては厳しい。でもTをエースなんて監督も私も思っていない。
まぁ、敢えて言うなら程度。
学校の仲良しなのかなんだかしらないけど、「Tが投げないならムリ」とか言っている奴。
キャプテンのHやアタッカーのHの6年生2人を何だと思っているんだ?
5年生とはいえ、サブアタッカーの5年生2人はお前より10キロも早いボールを投げるんだぞ。
何のために守備陣はカウントを声を出して数えるんだ?
アタッカーはいちいち審判のカウント指を最後まで見てられないんだよ。
みんなを代表して削りに行ってる仲間のために声を出して数えるんと違うのか?

お前ら6年生全員、仲間に対する「思いやり」がなさ過ぎるよ。監督が言っている「全員ドッジ」を全く分かってないよ。一人一人のスキルが高くても、そんなチームは絶対に優勝どころか入賞すらできない。プレー以前の問題だよ。

一人一人の良いところを集めて、苦手なところを補って戦っていく。だから楽しいんだ。
6年生にはそこのところを真剣に考えて欲しいな。
自己満足だけのドッジボールなんて糞喰らえだ!

このページのトップヘ