ドッジボールのつぶやき

次男坊が所属する競技ドッジボールチームのスタッフとして子どもたちと一緒に悩み、一緒に喜んでいます。 日々の練習・試合で感じたこと、思ったことを備忘録として残していきます。

2020年05月

昨日、外練習場所をどうしようか?と色々悩んでいた矢先、市内のチームのイケメンコーチさんからSNSのメッセージが

そろそろチーム活動を再開しようかと相談中ですが、そちらはいかが??
というもの。

こちらも再開準備してますよ~
でも外練習でしょうね~
でも場所どうしましょ~

のようなメッセージ交換。

イケメンコーチさんのチームでは、グループに分けて少人数での実施の案もあるとのこと。

なるほど。それなら広いスペースが必要ないし、密にもなりにく。
また、グループごとにテーマを決めて、個々の選手の強化にもなるなぁ。。。。

全国大会で活躍したこともあるチーム。さすが、色々ノウハウもあるのでしょう。。

こういった相談をチームの垣根を越えてできるのは助かります。

早く子どもたちに会いたい。
そのイケメンコーチさんの一言にも(´∀`*)

子どもたちが楽しみ、喜ぶ顔をみたい。
300秒の1球1球の駆け引き・ぶつかり合いをみたい。

どのチームの監督さんもコーチさんも子どもとドッジボールが本当に大好きなんだな。

先日のブログで、「前を向いて進もう!」と書いたものの。。。。

昨日の夜に保護者ラインで今後の予定を連絡。
すると、1人のママさんから情報提供が。。
「いつも自主練しているグラウンドは、6月1日から利用予約が始まるので6月からは使えなかも」とのこと。。。。

5月末までは市内の施設の利用予約が中止となっていたため、ある意味自由に使えるグラウンドだった。
ネットで調べるとやはり事前の利用予約が必要になるとのこと。

そこで、今日、管理している市民センターに確認すると6月1日の朝8:30から予約開始!
おぉ、これは仕事を休んででも予約しなければと思っていると
「みなさん、朝の5時には並んでいますよ。
 それと、日曜日は事前に決まっている団体さんがあります。」(´;ω;`)

うーーーん。5時か。。。。爺様たちは朝早いなぁ。。。。笑

何度か自主練習で利用した県の水上公園や市の総合競技場の広場は、学校が使えないスポ少団体でいっぱいになるだろうし。。。。

当たり前のように使っていた体育館。
練習場所があるというのがこんなにも有難いことだとは。。。。
これに気づけただけでも良かったのかな。。。

こうなってくると、俄然、「どこかあっと驚くようないい場所を見つけてやる!」となってしまう。

負けても負けても何度でも立ち上がるんだ!
最後に勝つまで。

七転び八起き(/TДT)/

先日の自主練習会。
改めて大切なことが1つ。

ランニングメニュー、パス練習を終えてからのキャッチ練習。
その後は実践的な練習ということで、守備陣を一列に並べアタッカーがアタック。
もっとも初歩的なアタック・キャッチ練習。

せっかくの自主練習会なのでアタッカーだけでなく全員がアタックを撃つ。

①アタッカー
横一列に並んだ守備。やはり、アタックを撃つならば当てたくなるのが心情。
みんな取りにくい足元を狙う。
しかし、ことごとく地面にアタック。。。。

②守備
照りつけるような太陽。
ランニングメニュー等をこなし体力的にも精神的にも厳しいなか、ただただアタックを正面から受けるのは精神的にキツイ。
ポロポロとボールを落とす。
ヒザにボールを当てて、ボールが明後日の方向に飛んでいく。。。。

みんなを一度集める。
「この練習は何の練習をしているの?」

4年生「キャッチの練習」50点
5年生「しっかりと肘を曲げて身体で包む練習」50点
6年生「・・・・・・・」0点!!!

「いつも試合で監督はなんて言っていたのか思い出してごらん。
『正面のボールを落とすな。当たっても必ずボールを残せ。』って言ってなかったっけ?」

「ターンもない。正面から必ずアタッカーが撃ってくるんだ。迷う必要もない。
 試合で言えば、最後の1投の瞬間だ。その最後の瞬間がしっかりできていなければ、ターンの練習しても結果は同じだよね。
 だから、まずは正面のボールをしっかりキャッチする。最悪でも自分の正面にボールを落とす。
 この練習をしているんだよ。」

「次にアタック。監督はいつもなんて言っていた?」
5年生「思い切り投げろ!」50点・・?そんなこと言っていたっけ???(゚∀゚)アヒャヒャ
6年生「床に撃っても誰も当たらない」95点。

「じゃ、どうすればいいと思う?」
4年生「相手の正面に撃つ」100点。

「そう。今は相手の正面にしっかり当てにいく練習をしよう。
 キャッチされれば、相手の守備が上手なのか、自分が弱いのか。
 でも、相手がミスをすれば当たる。『当てる』のではなく『当たる』のをまずは狙うこと。
 『当たる』ことが狙えるようになって、初めてもっと『当たる』ようにコースや角度をつけるんだ。
 まずは、正面にしっかり思い切り撃つ。」

練習再開。
いい感じ。思い切り相手の胸元に向けてしっかり投げ切るアタック。
しっかり、身体を使ってボールを掴みにいくキャッチ。
やればできる。

なんの練習をしているのか?
これを意識していなければ、ただの作業。
これを意識できれば、同じ時間でも進める歩み(進歩)は全然違う。

たかが自主練にするのか。
貴重な自主練にするのか。
その違いは意識の違い。

埼玉県もいよいよ緊急事態宣言が解除されました。

とは言え、まだ感染リスクが無くなった訳ではないけど、それでもなんとく嬉しいものです。
「いよいよ始められるかな~?」と思っていた矢先、監督からラインで連絡が。

学校開放について、市の担当課に確認してくれたようなのですが、どうやら6/1から全面開放という訳にはいかなそうとのこと。。。
学校のクラブ活動の開始を6/27くらいからを予定しているようで、それに合わせる方向で検討が進んでるようです。
まぁ、学校も再開しても暫くは徐行運転。感染拡大防止のために体育館も使うんだろうし仕方ない。

「ひとまず学校開放までは外練習かな?」と最後に監督の一言。

これまで、4月からの2か月間、毎週末外練習やってきた。
でもそれは自主練習として。
いよいよチームとしての活動になるだけでも大きな前進。

早く体育館でという想いはあるけど、チームとしての活動を始めることができる。
それだけでもうれしい。

「ターンを早く。
 すぐにボールを見ること。
 後ろを見ていたら背中に当てられるぞ。」

いつもフォーメーション練習で子どもたちに言う言葉。

そう。ドッジボールは常に「前を向いて」やるスポーツ。

まだ、体育館の扉は開かないけど。
大きな公園やグラウンドで青空の下で練習することは「換気をよくする」という感染防止にはぴったりな練習環境と言える。

体育館じゃないから十分な練習はできないかもだけど。
家の事情で自主練習会に参加できず、一人でお家で頑張ってきた選手を少しずつ身体を動かすこと、汗をかくことに慣れさせるには丁度いいかもしれない。

「前を向いて」やるスポーツ。
何事も前向きにとらえよう。

この週末の土・日はいつもの通り、近所のグラウンドで集まれる子どもたちだけでの自主練習会。
2日間とも夏の陽ざしのなかで、子どもたちも見守る大人たちも汗だくで頑張りました。

集まるメンバーはいつも一緒。
いつも通りランニング、ラダートレーニングのあとにパス練習。

一生懸命投げてるんだけどね。。。うーーん。。。。

みんなを集める。
「パス練習ってなんの練習しているの?」
4年生S「相手の取りやすいところに投げる」
5年生M「ボールを取ったら早く投げる」
6年生H「相手の胸に投げる」

「それは練習するときに意識して取り組むべきこと。注意点だね。
 パス練習は、味方にボールを渡す練習なんだよ。
 ボールをキープしなければいけないとき。
 もし、ボールを持って相手のコートに入っていいルールなら、抱えたまま外野まで突進して外野選手に手渡しすれば絶対にボールキープできるよね。でも、そうするとラグビーみたいにタックルとかしないとボールを奪えなくなるね。
 10m離れた味方にボールを渡すための練習。投げる練習じゃないんだ」

やっと、パス練になる(*・ω・)ノ

それでも6年生のAのボールは安定しない。
というより、全く自分で意識して変えようとしていない。

練習に参加してくれている中1OBのHに「Aとパス練して。Aに投げ方を教えてあげて。」

HとAでパス練。黙々と。。。。。

Hを呼ぶ。
「Aの投げ方を見てごらん。自分が考えている投球フォームと何が違うのか?
 どうしてAのボールが左右にぶれるのか?自分の投げ方との違いを見つけて指摘してあげて」
HがAに投球フォームを見せている。
もう一度Hを呼ぶ。
「見せることも大切。だけど、何をどうすればいいのか?言葉で説明してあげて。
 Aが分かるような言葉で」
Hが色々とAと話している。少しずつAのボールの軌道が変わってくる。

休憩時間。Hを呼ぶ。
「OBになったら自分が上手くなるために練習に来るのはダメだ。
 後輩たちを勝たせるためのお手伝いに来ているんだ。
 でも、後輩たちに教えるというのは、自分の技術を言葉にすることだから決してHにとって無駄にならない。言葉にすることで自分も気づかなかったことに気づくこともある。そうすればHもまだまだ上手くなれる。
 早く、教えることに慣れていこう。」

学校が始まれば中学校が忙しくて練習に来てくれる日も少なるなるだろう。
でも、いつか後輩たちのために、このチームのために指導者として帰ってきてくれる選手を育てていこうと思う。

子どもたちだってかつて選手として活躍したOBに言われる方が素直に聞けるしね(゚∀゚)アヒャヒャ

自粛期間中、昔のDVDをたくさん見ている。

雑多に整理されれいたDVD。
これを機会にきちんと年度別・月別に整理した。

スタートは次男坊が1年生で入団した翌月の2016年1月。
DVDのラベルに選手みんなで撮った写真がプリントされている。
みんなかわいいなぁ。。。
2年生になった2017年度。少しずつメンバーが増えてきている。

初めてオフィシャルを経験した3年生の2018年度。
やっぱりジュニアの大会のDVDは少ないなぁ。。。
DVDのラベルの集合写真と一緒にその大会の順位が記載されているが、ベスト8どまり。。。
2018年度の合宿のDVD。この合宿の夜にスタッフに誘われた。
そしてその後の夏の大会のDVD。1回戦負け。。。この大会の日、まだ新潟でよさこい踊っていたなぁ。
結果をカミさんから電話で聞いて「何やってんだか。。。」とホテルの部屋で呆れていたな。
その翌日の練習。よさこいを辞めようと決心したっけなぁ。。。

ジュニア最終年度を経験させてもらった4年生の2019年度。
ジュニアのDVDを見ると次男坊がジュニアチームで出た試合は全て入賞している。
10人いないちびっこたちがラベルに笑顔で並んでいる。
5人で準優勝までいった協会杯。オフィシャルのDVDには優勝の文字。あれがあの代の最後の優勝。
びっくりしたのは、3月のお彼岸の3連休。毎日卒業ドッジ笑。
いっぱい、いろんなところに行ったなぁ。。。(どこかの体育館だけど笑)

そして5年生の2019年度。
こうして並べると、2018年度の大会の参加数が半端なく多かったことが分かる。

「ああ、このときは〇〇」
「この大会は▲▲で」
次男坊も意外と覚えているのに驚いた。
1枚、1枚思い出を話しながら並べるから時間がかかる。

DVDを並べるとラベルの写真はまさに成長の記録。
幼かった顔立ちが卒業になるといっぱしの顔になっている笑。

アルバム式のケースが2つ分。今年は何枚増やせるかな?

これが次男坊の歴史の記録。

いつか次男坊が、そしてチームのみんながこのDVDを見て
「これが自分の原点」
といえる記憶を一緒に残していきたいな。

いよいよ、今日は近畿の緊急事態宣言が解除される見込みとのこと。

学校再開のニュースもある一方、ドッジボールをはじめとするスポ少の活動はどうなっているのだろう?

全国のドッジボールチームのSNSや監督さんやコーチさんのブログを見ても練習再開の様子が見られない。。。

学校施設開放は見送られているのかな?

練習休止から3か月。
そろそろ再開を見据えて練習メニューを考え直さなければ。

3か月もしっかりとした運動をしていない子どもも多いから、まずはしっかり体力アップの基礎的な練習をしなければ。
でも、子どもたちからしたら久しぶりのドッジボール。
いっぱいボールを触りたいだろうし。。。

あんな練習、こんな練習とイメージをメモして、時間を考え。。。。。

全国大会・県予選は中止が決定された。

それでも、みんなとドッジボールの練習することを考えているだけで、なんだか楽しい時間。

昨日に引き続き、ニワトリが先か?タマゴが先かのような話。

緊急事態宣言が解除された地域においては、飲食店の事業再開や学校再開などのニュースが増えた。
これはこれでいいことだと喜んでいる。

一方で、まだ宣言解除されていない都内でデパートが営業再開、スタバが営業再開などの「解除に向けて」という名目でニュースとなっており、それなりのお客さんがきている。宣言が解除されていない地域なのに。
その後で「緩む自粛」などという名目で自粛を呼びかける知事のニュース。。。。

もう、何をどうしたいのかさっぱりわからん。。。笑

営業再開したお店が悪いのか?いやいや経済を取り戻すための喜ばしいことなのか?

営業再開したからといってそのお店に喜んで行っているお客さんは悪いのか?
いやいやお客さんが来なければ経済は戻らないからいいんじゃないの??

良いのか悪いのか?
お店が悪いのか?行く人が悪いのか?
またニワトリ・タマゴ論争が頭を駆け巡る。

さて、我がチーム。
先日のブログに書いたように、現時点では監督からは「施設開放が可能になり次第、練習開始」というのが方針。

練習するチームは悪いのか?
練習に参加する選手・参加させる保護者は悪いのか?
試合をしようするチームは悪いのか?

悪いのか?
何に対して?
誰に対して?

ニワトリとタマゴが再びうごめく予感。


私はバスケの経験者なので、SNSでバスケのグループに参加している。
現役学生もいれば、その保護者、私と同じようにかつての名(迷)プレイヤー笑など、いろいろなメンバーさんがいる。

ミニバスや中学・高校バスケ部も今は休止中。
なので、ドリブルワークやフットワークなどの自主練習の動画投稿が多い。
まだ小学生・中学生でもとてもスキルが高い動画ばかり。

特に保護者の方の投稿にはグッとくるものがある。
一生懸命、一人で練習するわが子の動画を撮影しながら、早く体育館でプレーさせてあげたいという想い。
でも、この経験は絶対に無駄にならない。
この時間を無駄にしてはいけない。
そんな親子の想いが伝わる動画で私もたくさんの勇気をもらっている。

そこで1つの想いが。。。。
「上手な選手だから、1人でも根気よく自主練習を続けることができるのか?」
「根気よく1人でも自主練習をできる選手だからこんなに上手くなれるのか?」

ニワトリが先か?タマゴが先か?のようなもの?

そんなことを考えながら投稿動画を見ていると一人の保護者の方のコメントが目に入る。

「現在、中学生の息子は高校になっても、大学に行ってもバスケを続けたいと言っています。
 そして、将来はプロの選手になることを目標にしています。
 私は、ただ『大きな夢を持たせること』だけを心掛けています」

なるほど。モチベーション。。。。

目標がある。その実現のためにやるべきことをやる。
そして次の目標へ。そしてもっともっと大きな目標へ。
そのためには。。。。この繰り返し。

ドッジボールも同じだと思う。
何をしたいのか?何を目指すのか?
個人個人の目標を明確にしてあげて、それぞれの目標を1つの目標につなげていく。
そして背中を押してあげる。

これが指導者の役割なんだ。

練習はできないけど、学ぶことができる時間。


今週末は土曜日はあいにくの雨天のため、自主練習会は中止。
昨日の日曜日は夏日のなかいつも通りに集合。

金曜日の夜に5年生女子のR・3年生の男子のK姉弟のママさんから
「今週末も練習やってますか?できれば参加させたいんですが。」とのラインが。
「大丈夫ですよ。地元グラウンドで泥だらけになりますが

このママさん。3月からチームが活動休止になってすぐに持病の糖尿病が悪化し入院するとの連絡が。
幸い、3月中には退院できたものの、それ以降の新型コロナの感染拡大・緊急事態宣言などから、子どもたちRとKは、「感染したらママが大変」と一歩も外に出なくなってしまったとのこと。
たまに家の前の道路で遊んでいても知らない人が通ると慌てて家の中に帰ってきてしまう。。
2人のママを想う気持ち。2人も自分たちの闘いをしてきたんだね。

いよいよ一部解除に伴い、学校再開も見えてきたなか、ママさんも体力面の低下を心配して家族で話し合ったとのこと。

日曜日。
いつものメンバーが集合し、練習を始めようとするなか
「ちょっと、キャッチボールをしていよう」と私が言うと
「なんでですか???」と子どもたち。

「RとKが今日から合流するからみんなで待っていよう」
「おぉぉぉ!」「やったー」と自然と笑顔があふれる子どもたち。

RとK、ママさん・パパさんが来て、さっそく練習開始。
この夏一番の暑さというような陽ざしのなか、少しペースダウンしたメニューに。

3月。6年生6人で始めた自主練習会。
4月。6年生2人が外出自粛に入り4人に。
途中、5年生双子兄弟+2年生の3人が合流。
その後、5年生・4年生メンバーとその兄貴たち中1OB2名の合流。

最初は新規格球1個で充分だった練習が、昨日は3つでも足りないシーンも。
「とれるよ」「がんばれ」仲間を励ます声が増えてきた。

仲間がいるから頑張れるってこういうことなんだな。

最後にみんなを集めて伝えたこと。
「チームの練習再開もそう遠くはない。
 そのとき6年生が引っ張っていくということはどういうことだと思う?」
まずは、中1OBに「君たちは何を心がけていた」
副キャプテンだったH。「声を出し続けました」
そう。Hは何度も喉を潰したね。いつも外野から内野の仲間に大きな声で指示を出していた。
中1組の最古参メンバーの1人だったF。「給水だとか休憩のとき、30秒前には次のメニューの準備に入りました」
そう。Fは寡黙な選手だったね。でも、いつもランニングからのフットワーク、パス練とメニューの切り替えの時に誰よりもはやくそのポジションに移動することで、自然とみんなが次のメニューに切り替えていっていた。

「6年生。チームを引っ張るというのは、『自分でやること』
 通常練習になれば、監督や私がいない時間の方が多くなる。
 そのときに、君たち6年生がどう考えるべきか・どう行動しすべきかをこの3か月の間、ずっと言い続けてきたから分かっているはず。『コーチなら何を言うか』。
 それを君たち6年生が自分たちで声にだすこと。そのためには、自分たちが1つも手を抜いてはいけない。6年生が一番頑張ってやっている姿を見せなければいけない。
 そして5年生・4年生・3年生は、6年生に何か言われないように6年生以上に頑張ること。
 5年生のうちに6年生より強くなること。4年生は4年生のうちに5年生よりも強くなること。
 そうすれば、きっとこのチームは強くなる。
 そうすれば、きっともっともっとドッジボールが楽しくなる。
 人数が増えてきてうれしいよね?
 一人一人が一生懸命頑張る。その仲間が沢山いるチームが強くなることを忘れないで。
 このグラウンドでの練習もあと数回のはず。
 残りの練習は自分たちで頑張ることに集中しよう」

時には叱ってくれる。
時には励ましてくれる。
そして最後に一緒に笑う。
そんな仲間がいるならきっと君たちは強くなれるはず。

このページのトップヘ