ドッジボールのつぶやき

次男坊が所属する競技ドッジボールチームのスタッフとして子どもたちと一緒に悩み、一緒に喜んでいます。 日々の練習・試合で感じたこと、思ったことを備忘録として残していきます。

2020年07月

いよいよ今週末。
4ヵ月ぶりに手帳に記載されている大会の予定。

明日は仕事の都合でブログの更新はできないから、これが大会前の最後の記録。

何を残しておくべきか。。。。。
色々考えたけど浮かばない笑。
試合のときもそうだけど、いつも通りに

昨日は公民館での定例練習。
今シーズン初めての公式戦前の最後の練習。
昨日のブログで整理した反省点を頭に入れていざ軽体育館に。

あまり多くは言わないほうがいいかな。
少しだけ。守備面だけ。

そんな熱気が伝わる雰囲気だった.。゚+.(・∀・)゚+.゚
ふざけているのではないけれど、楽しそうにやっているときは多くを言う必要もないと思う。

保護者の皆さんも消毒液の確認やマスクの回収・配布方法の確認等、久しぶりの大会の準備に加えて新たな用意もしっかりやってくれていました。
選手たちが安心してプレーできるためのご協力に感謝です。

試合スケジュールを確認すると。。。。
我がチームの予選1試合は、開会式終了直後の第1試合。
2020シーズンの開幕戦の舞台を与えてもらった。
対戦相手は私のなかでは今シーズン優勝候補筆頭の市内チーム。
昨年度5年生主体のチームで見るたびに成長を感じたチーム。

舞台は整った。

最後にみんなに伝えた言葉。

みんなは強い。自信を持て。
1日の大会が終わったあと。

「俺たち、私たちが『1番』強い」
そう言えるようになるために1日の朝に集まろう。

昨日、県協会から1日に開催される新人戦の対戦表がメールにて送付されてきました。

久しぶりに見る大会の対戦表。
このワクワクする感覚が。。。。。


パソコンの画面に映し出されたPDFを見て一瞬止まる。

チャンピオンリーグ 参加チーム数9。

県協会所属チームは昨年17チームあった。

参加申込期限において確認したときは13チームあった。
新チームになり卒団生が抜けてメンバーが足りないチームもあるのだろう。
やはり、感染拡大予防の考えから辞退したチームもあるのだろう。
その時はそう考えていた。

わずか2週間ほどで9チームにまでなってしまった。

感染者数が毎日のように拡大していくなか、辞退を決めたのだろう。

指導者の1人であり、選手の保護者でもある立場から、その決断は出場する決断よりもはるかに辛いものだったと思う。
だからそのチームの指導者や保護者の想いを考えると、9チームの名前が並ぶ対戦表を見たとき、いつものようなワクワク感はなかった。
「厳しい環境」というものはこういうことを言うのだろうと思う。

我がチームは練習・大会等への参加は各家庭の判断を最優先としている。
幸いに選手の全ての家庭が子どもが練習・大会に参加することを許可してくれている。
チームとして感染拡大予防策は徹底する。
しかし、感染リスクが0ではないことを承知し、理解したうえで子どもたちの活動を許可してくれている。

今大会を辞退したことは、それぞれのチームで熟議を重ねた結果なのだと思う。

でも、どうか子どもたちがその決定をしっかりと受け止めてくれていることを切に願う。

「子どもたちが主役です」

指導者講習で学んだ一番大切なこと。




26日(日)の合同練習での試合を見て、今週末の新人戦に向けた修正ポイントを記録しておこう。

まずは守備面。
初めての試合としては、想定以上に頑張ったという印象。
一方で次の3点はしっかり修正しなければ。
①現在、「ボールをしっかり見ること」の意識を植え付けているが、やはりスピードボールに対して下を向いてしまったり、相手のアタックを味方がキャッチした瞬間にボールを見ていない選手が多い。
 もう少し言葉を変える必要があるかも。

②低めのボールのキャッチに対応できない選手がまだ多い。いわゆる棒立ちだから。
 ステップの5でしっかり膝を曲げる意識と習慣化が必要。

③アウトになりボールを残せず、その折り返しで連続して当てられるというシーンが何回か見られた。
 当たったボールが後ろに抜けるということは、それだけフォーメーションに隙間ができているということ。
 ここの判断は難しい。密接することに注意しなければならないなかで、フォーメーションをどこまで求めるのか、明確に指示してこなかったから子どもたちが悪いわけではない。
 監督と相談して明確にしておく必要がある。

次に攻撃面。
攻撃面も、思った以上にボールキープと積極的に撃ちに行くということをしっかり意識していたと思う。
①パスミスには2つあると思う。
 1つは相手ボールになってしまうパスミス。
 もう1つは攻撃権は移らないが、アタックに結びつかないパスミス。
 1つ目が出ている間はまだまだ勝てる試合を落としてしまう可能性は大だ。
 投げる側・受ける側にその意識をしっかり持たせなければ。

②勝つことに拘りすぎるのか、足元を狙い失敗するアタックが多かった。(いわゆる床アタック)
 今年の攻撃陣は決して球速が無いわけでないので、今はしっかり相手選手の身体にボールを当てに行くことを学んで欲しい。

③6年生の3人のアタッカー以外の選手、特に5年生もボールをキャッチしたあとの1本目のパスに拘って欲しい。アタッカーの仕事は最後の1球を投げること。
 攻撃の最初の1球はコートの中の全ての選手が投げる可能性がある。
 「攻撃は全員でするもの。相手アタックのキャッチが攻撃のスタート。そこからパス1が始まる。」
 6月の練習再開のときに行った言葉をしっかり理解させたい。

明日は公民館での定例練習。
十分な修正はできないけど、できることは全てやりつくして週末に挑もう。

この4連休、これまでならもう夏休み。
予定ではオリンピックの開会式が開催される予定だった4連休。
これまでなら最低2日間は交流戦が組まれていたかも笑。

25日(土)はあいにくの雨模様。
幸いにも25日は公民館の軽体育館を夕方から押さえてあったので早々に外練習の中止を決めて連絡。
それでも、保護者の方の仕事の都合等で送迎ができずに欠席する選手が多かった
翌日の今シーズン初の合同練習に向けて、いつもよりボールを使う練習時間を増やした。
大会1週間前にしっかり3時間身体を動かせたことに感謝。

26日(日)は市内チームさんが隣接市の体育館を取れたとのことで、合同練習にお誘い頂きました。
完璧なまでの消毒液等の準備やコート設営をして頂きました主催チームの皆さま有難うございました。
大会1週間前の貴重な練習に、しかも体育館での練習をさせて頂けたことに感謝です。

体育館にはアリーナ席もあり、1日の大会に向けて椅子を1つずつ空けて交互に座る練習や、体育館への入場の際のマスクの着脱の仕方なども練習させて頂きました。
ケガをした際のアイシング用の保冷剤はチームで用意しており、タオルを各自で用意することとしていましたが、大会などアリーナ席に入る場合には個人用のタオルの管理することが難しいため、大会時にはチームでタオルを用意し共有しないなど、想定していなかった点に気づくなど貴重な練習となりました。

さて、試合の結果はというと。。。。
まぁ、やってきたことがしっかりできた点もあれば、まだまだな点もある。
一方で、この時点でまだやってはいないがこれまでの間で学んだことがしっかりできた点もある。
というところかな。
①3年生のTとK。初めてのオフィシャルの試合で物怖じせず堂々と頑張ったね。
 まだラインの動きのスピードに慣れていないけど、しっかりと逃げずにボールを取る気持ちを忘れなければ、秋以降には5年生を十分に脅かす存在になれると思うよ。

②5年生のM。今シーズンのチームで一番最初にスコアにキャッチを刻んだことに自信を持って。
 Mは集中すれば絶対にできる。練習のときから試合のような集中を見せてくれれば、もっともっと強くなれるよ。

③5年生のK。入団してまだ2か月だけどキャッチを何本も取れていたね。
 まだまだ、低いボールに対して膝をついてキャッチするタイミングがつかめていないけど、時間が解決してくれるよ。最後の1セットで見せたしっかりとしたキャッチ。本能で取れたという感じだったけど、それを「技」にするために頑張ろう。

④6年生6人。初めての試合でも落ち着いてみんなで声を掛け合っている姿。残り時間とスコアを確認して試合をどうコントロールすべきか?を自分たちで考えている姿を見て、昨年1年間、5年生のときに監督が言い続けていたことをしっかり聞いていたんだと分かって嬉しかったよ。
 まだまだ、伝えなければならないことは沢山あるけど、自分たちで考えようとするその気持ち・姿勢があれば、もっともっと楽しいドッジボールができるようになるよ。
 内野アタッカー2人が当てられたあと、冷静にアイコンタクトでサイド攻撃を使ったとき、みんなが本当に勝つことが好きなんだという気がしたよ。

もっともっと大会に向けて気づいたこと、考えなければならないことが沢山あるけれど。。。
オレンジのビブスがコートに立つ姿。
真剣な目でボールを追う姿。
キャッチをしたとき、アタックが決まったときの溢れんばかりの笑顔。
1セットごとに成長していく両チームのプレー。
子どもたちの試合を支えてくれる、久しぶりに見る審判員の皆さんの顔。

4ヵ月ぶりの試合。その興奮で今日はここまで。

お声がけ頂いたチームも大会前の最後の練習だと思います。
そのような貴重な時間に一緒に練習する環境を提供していただいた市内チームの皆さんには本当に感謝です。ありがとうございました。

先日の月曜日の練習で5年生女子のRが指のケガをしてしまった。
直ぐに病院に診てもらえたものの「剥離骨折」とのこと。
1日の新人戦は微妙な感じ。。。。

昨日、26日(日)に予定されている市内チームとの合同練習の出欠確認メールで出席者を確認したところ、Rは欠席との回答。
我がチームはケガをしていても原則練習・試合には参加することがルール。

うーん。なぜRは欠席なのだろう。。。。
日曜日の午前中なので病院での治療なのかな?
でも、2020年度チームとして初めての合同練習。たとえ試合に出られなくてもオフィシャルのビブスを全員で着て挑みたいなぁ。。。
などと悶々として考えていた。
悩んでも仕方ない。素直に保護者に聞いてみよう。
ラインでママさんに「できれば参加させて欲しい」と連絡する。

するとすぐにママさんから返信。
「試合にも出られないので、会場が密にならないように自粛しました。
 参加させてもらえるならばぜひ参加させてください」

全く想定していなかった理由。

Rのご家族なりにチームのこと、仲間のこと、合同練習の声をかけてくれたチームのこと、ドッジボールのことを考えていてくれたんだ。

連絡して良かった。
RやRのご家族を誤解してしまうところだった。
RやRのご家族にチームとしての選手への想いを伝えることができた。

「いいチームを作るための最も簡単で、最も大切なこと」
仕事のセミナーで聞いた話を思い出す。

「チームの全員がいいチームを作ろうと考え、行動する。1人1人がそれを実行すれば自然とそのチームはいいチームになるはず」

選手、その家族がみんながいいチームになろうと考えているはず。
それでも、その行動が理解できないときは正直に聞いてみよう。

1つの目標に向かってすすむチーム。
意志疎通、意志の共有が大切だと思う。


この週末の18日(土)はあいにくの雨模様。
お昼の段階で雨も降っており、グラウンドを見に行くと池状態。
保護者ラインで練習中止を連絡。

しかし、午後には雨があがり、6年生次男坊はチームの6年生メンバーと学校で自主練習に行ってくると言って出かけて行った。
鬼ごっこやバスケなどを満喫したようだ。(゚∀゚)アヒャヒャ
まぁ、たまにはドッジボール抜きで遊ぶことも大切

日曜日は朝から雨もあがり、、、というか快晴。
それでも朝8時の段階でいくつか水たまりがあったものの、パパさんたちが雑巾で綺麗に水を吸ってくれました。神がかった水はけとパパさんたちのチーム・子どもたちへの想いに感謝です。

真夏の陽ざしのなか、選手たちは汗まみれで練習。
ジュニアメンバーはランニングをした段階でバテてしまう子が何人も。
その後もどんどん抜けていく。。。建物の影の日陰ゾーンは野戦病院さながら。
傷ついた選手たちをママさんたちが笑顔で迎える。。。(゚∀゚)アヒャヒャ

新人戦まであと2週間。
これまでの練習の成果を感じるところ。
まだまだと感じるところ。
チームの状況はマダラ模様。

そんな中、来週の日曜日に市内チームから合同練習のお誘いが
どうやら隣町の体育館を借りて練習をしているようで、新人戦1週間前の貴重な時間なのに感謝です。
かれこれ外練習を始めて2週間になりますが、一度も体育館で、しかも他チームを相手にしての実戦を経験しない状態で大会に挑まなければと思っていたので、体育館を使わせて頂けるのは本当にありがたいです。

子どもたちも嬉しそうでした。

そして、昨日の月曜日は公民館練習。
ラダートレーニングを見ていると、6月当初に比べだいぶ上手になってきました。
一方、久しぶりにバックダッシュをやってみると、ターンの意識が全然なくなっている。。。。
マダラ模様です。

良いところ、悪いところ 

まだまだ始まったばかり。とはいえ、新人戦まで2週間。
どこまで調整できるかな。。

先週、ようやく待ちに待った連絡があった。
小学校の体育館の施設開放について開放委員会から連絡がありました。.。゚+.(・∀・)゚+.゚

「8月1日より、学校長の判断により」との記載。

市としては8月1日から学校施設の開放を認めるということ。
ただし、各学校長の許可を前提とするもの。学校によっては対応が変わるということ。
我がチームが利用させて頂いている小学校はどうやら8月1日から利用させて頂けるようだ。

「8月1日より」
3月以降、初めて明確に示された日付。

8月1日の新人戦の前にできれば体育館で1回でも練習したかったけど、もはやここまでくると

「贅沢はいいません」

むしろ、新人戦で今年のチームの現在の立ち位置を確認して、心機一転、ホーム体育館でスタート!という方がいいかもしれない。と、相変わらずの前向き思考('▽'*)ニパッ♪

しかし、昨日は東京で280人を超える感染者が出ている。
選手たちが通う学校でもいつ感染者がでるか分からない。

本当の闘いはここからなのかもしれない。

梅雨明けも待ち遠しいが、体育館の扉開けも待ち遠しい。

昨日、市内のチームのSNSで隣町の体育館での練習についての記事を見た。

ドッジボール選手たちが早くホームグラウンドでしっかりと練習できる環境が整うといいな。

昨日、15日(水)は市民センターの軽体操室をお借りしての室内練習。

仕事を終えて練習に向かう、というパターンは2月以来か。。。
19:30過ぎに体操室に到着。
室内に入る前に水道で手洗い。
室内に入るとすぐにお当番の保護者の方が来て検温。

1ヵ月もやっていればそのうち習慣化するのだろう。

フットワークメニューを終えて、オフィシャルチームはフォーメーションの動きの確認。
監督にお任せして私はジュニアチームを。

4年生以下のメンバーであるため、練習も基本的には保護者の方の送迎が必要。
しかし、最近が週末も仕事の方が多く、ほとんど全員が集まれる機会がない。
昨日は珍しく2020年度メンバー7名が勢ぞろい。

最初は基本的なゴロゴロキャッチ。
少しずつボールを弾ませてしっかりとしたキャッチ練習。
オフィシャルチームと違い、やはり集中力は長く続かない。。
なので、1つのことをじっくりと、というのではなく沢山のことを少しずつというのが私のイメージ。

オフィシャルチームの動きが気になるのかすぐによそ見をするジュニア選手
まぁ怒っても仕方ない。(自分の成長を感じます笑)

ジュニアチームもフォーメーションの動きの練習。

サイドにボールを転がしてボールを見ながらのターン。
クルクルバレリーナのような2年生(゚∀゚)アヒャヒャ

少しずつ、ターンをしてからの移動距離を増やしていきます。
ボールの動きについていくために必死の形相。
そのうち、「オー!キャッチ!」と新キャプテンが4年生とは思えない野太い声で気合を入れます。
すると、2年生3人も負けじと「オー!キャッチ!」と答えます。

「今はコロナもあるから大きな声は止めよう。
 でも、何も言わなくても自分たちで大きな声を出そうとするその気持ちはすごいぞ!
 きっとこのチームは強くなれるぞ!」

 今までは、自分を奮い立たせるために「声を出して!」と指導してきた。

 声に代わる方法を考えないとだな。

7月13日(月)は2020年度チームとして初めての室内練習ができました。
地元の市民センターの軽体操室を監督が手配してくれました.。゚+.(・∀・)゚+.゚

バドミントンコート1面が取れるほどの小さな軽運動室。
それでも雨の心配もなく、何よりシューズが床にこすれる音がこんなにも嬉しいとは。。。(´∀`)

しかし、チームとして初めての室内練習=初めてのコロナ対策。
市民センターに入場する前に検温結果を記録しました。
子どもたちを集め、センターに入ったらまずはトイレで手を洗いました。
お当番の保護者の皆さんには、手洗い後の水道の周りの水はねをしっかり綺麗にしてもらいました。
さて、初めて使う軽体操室。換気扇を入れ、入口のドアは全開にして換気をします。
学校の体育館だったら。。。保護者の皆さんも自主的に色々と話し合ってくれています。

さて、練習はというと、この体操室は原則ボールの使用が禁止されています。
なので、フットワーク系の練習メニューやこれまで外練習でできていなかった筋トレメニューを中心に1時間30分ですが汗をかきました。

最後のミーティングで選手たちを集め話をしようとしたとき、ふとあるものに気づきました。

「シューズを新しくしてもらった人、手を挙げて」

何人かが手を挙げます。

3月1日に履いていたシューズ。
あれから4か月の時間が過ぎました。
それでも選手たちは確実に大きくなっていました。

新しいシューズと新しい練習場所。
子どもたちもいつもよりも笑顔が多く感じられた練習でした。

7/12(日)は朝から久しぶりの青空がみえるいいお天気。
とはいえ、前日の夜も遅くまで雨が降っていた模様。
練習開始は9:00から。寝起きの7:30ごろに一度グランドを見に行く。
少し水たまりは残っているものの、十分にできる状態。

8:30を過ぎていつものように水を汲んだバケツ、ラダー等の道具をグランドに持って行くと、6年生パパさんに遭遇。ご近所さんの6年生パパさんも心配して見に来てくれたよう(′∀`)
4月の自主練習会からいつも仕事が休みの日は一緒に練習を手伝ってくれたパパさん。
先週も、卒団生を迎えるために一緒に泥だらけになりながら雑巾で水たまりの水をずっと吸い続けてくれたパパさん。
選手だけでなく、保護者も一緒にドッジボールに夢中になれるっていいですね。

9時になり、練習開始時にはほぼベストコンディションになったグラウンド。
しかし、陽ざしが半端ない。。。。。
この日は3時間練習。体育館に戻ったときを想定したメニューで練習開始。
ランニング⇒ラダートレーニング
いつもより、かなり辛そう。

監督の指示により、いつもより多めに給水。

雨が降るのも困るけど、ここまで暑いのもなぁ~。。人間はワガママなものです。

いつもより休憩も多めに入れるものの、低学年のジュニア選手たちが1人、また1人と脱落。。。
少しずつ身体を慣らしていこうね。
オフィシャルメンバーも辛そうだけど、給水や休憩のときに日陰に移動し、しっかりクールダウンをしている。

「今日は、少し多めに紅白戦をいれよう」

チームをA・Bチームに分けて5分間の紅白戦。
審判のコーチが不在のため、不肖私が審判に。電子ブザーを渡される。
ちょっと使ってみたかったから少しうれしい。
さて、ゲーム開始!と思ったものの、この電子ブザー難しい。。。。
新たな審判様式に慣れるしかないのだけれど、審判の皆さんも大変だなぁ。。。。

さて、試合の内容は。。。。
①5年生・4年生・3年生は、一生懸命ボールを残す意識が見られました。
 何試合かを経過するごとにナイスキャッチも沢山見れました。このまま自信を持ってボールに向かって欲しいです。

②攻撃については、残り1分、30秒のときのスコアに応じた闘い方を忘れてしまっていたね。
 試合が終わって監督から一言言われた時点ですぐに気づくことができたのは良し。
 記憶に残っているものを、早く身体に思い出させよう。

③紅白戦とはいえ、全員が「勝つ」ことに一生懸命に見えたことはとても嬉しかったよ。
 大会の当日もそんな表情でコートに立とう。

 まだ体育館も使用できず、交流会等の開催ができないため、実戦経験がないなかでの大会開催。
 たとえ紅白戦であっても、実戦のなかから学ぶことが一番大切。監督のそんな考えの紅白戦。

 あと3週間。ボールを使える練習はあと4回。
 すこしでも試合勘を取り戻そう。

このページのトップヘ